簡単な会社の立てかた~Part2(どらえもん風)

さ~~~てこの前は会社設立に必要な定款を作ろうという記事でした。その書類の法務局のサンプルをはって終わりましたね。

次のステップとして約款を役所に認証してもらう必要があります。

このために役所にもっていかなきゃいけないものがいくつかあります。

簡単にまとめてみたよ。

役所にもってくもの

1.定款 3部
2.発起人全員の3ヶ月位内に発行された印鑑証明書 1通ずつ
3.発起人全員の実印
4.認証手数料 5万円(現金)
5.謄本代 250円×定款のページ数(現金)
6.収入印紙 4万円分

この6つが君を起業家にしてくれるドラゴンボールだ。(一つ足りなくない・・・?みたいなツッコミはなしだ。)

ちなみに電子定款っていうやつもあって、電子定款にすれば収入印紙4万円はかかりません。

ただし電子認証には電子署名が必要なのでPDFを編集するソフトが必要になります。(Adobe Acrobat DCなど)

そのほかに「マイナンバーカード交付申請書」など必要なものも手間も若干増えます。

さあ・・・役所にいくのだ・・・

上の6つを揃えたら、本店所在地がある公証役場に行きましょう。

ただし、いきなり行ってはいけません。

事前に公証人に連絡を取って、日程を決めましょう。

お近く公証役場探しはこちらからどうぞ。

(平成31年3月29日からテレビ電話での受付もはじまったようです)

事前にFAXや郵送で間違いがないか確認しておいてもらうとスムーズだぞ!

資本金を振り込もう

この記事のPart1で一応資本金は1円でもいいといったのだが、さすがに現実的ではないので自分名義の口座に振り込もう。ここでも手順がある。

・通帳の表紙と1ページ目、振込をしたページのコピーする

・払込証明書を作る。上の書類とホッチキスで止めます。

・とめた書類のつなぎ目に会社代表印を押そう。

(こんな感じ)

よし、ここまでやったら一息つくのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする