おススメボーカロイド曲 4選

どうもこんにちはモブAです。まだ冬は終わらないのかと春が待ち遠しくなるほど寒いですね。寒い。寒い。外で記事を書いているモブAの指は取れそうです。

さぁ、もちろん今日も音楽を聴きながら記事を書いているわけですが、ロックバンドをやっていて邦ロック大好き!と言っている割に、同等程度に好きなジャンルがあるんです…。

それが、ボーカロイド曲すなわち ボカロ! なんです。僕も昔は機械音だらけの耳がキンキンする曲が多いし人間が歌ってる方がいいじゃないか…と、思っていました。

でも、いざ聞いてみるとそんな抵抗忘れてしまうほどの名曲がゴロゴロとあったんですねコレが…。

しかも、どうしても機械音で歌詞を歌っているのが苦手な人にも、歌い手さんというボカロ曲を歌って動画サイト(ニコ動やYouTube)に投稿している歌が上手い人間の歌手さんがいるので、そちらで聞いてみるのも素敵だと思います。

それと、ボカロって範囲が広すぎて僕の紹介できる範囲は割と狭いと思うので、知識の限界と偏見がすごく混じると思いますがお気になさらず読んでくださると幸いです

1.カゲロウデイズ

https://youtu.be/EMGyiiTC7sg

この曲はもうボカロといえば千本桜かコレっていうくらいには有名な曲だと思います。(ですよね?笑)

じんさんという、カゲロウプロジェクトの楽曲を作曲している方の、1.2を争う代表曲だと思います!

歌詞はなかなかに過激で、一時期物議をかもすこともありましたが、やはり耳に付きやすいメロディーというかやみつきになってしまうというか笑。

ボカロを知っていく上で知っていて損はない、良曲の一つだと思います!

2.脳漿炸裂ガール

こちらもまた過激そうなのが来ましたね笑。

この曲はれるりり氏によって作詞作曲された楽曲で、デュエット曲にもなっています。今でもカラオケのボカロランキング上位に入っているほど、2012年リリースとは思えない人気を誇っています。

特徴的なミュージックビデオや途中に挟まるスローテンポな部分など、この曲独特!と言わんばかりの要素が詰め込まれています。

何よりこの曲が全国のボカロ好きの心をつかむポイントは素晴らしく早口で歌えるか歌えないからギリギリの線であるというところでしょう!早口だからこそ生まれるノリのいいテンポ感と、自分も歌ってみたいと思って覚えようとするたびに何度も聞いてしまうんですねぇ。

3.シャルル

作詞作曲は、バルーン氏。2016年にリリースされて以来、素晴らしい人気を博しています。

この曲の一番の売りはやはり歌詞だと僕は思っています。

さよならはあなたから言った。それなのに、ほおを濡らしてしまうの。

出だしからもう切なさがこみ上げるような、世界観に取り込まれるような歌詞が並んでいます。

日本人は曲の歌詞に自分を重ねる人が多いとどこかで聞いた記憶があります。もはやコレはドンピシャそれですね。

加えて、サビにファルセット(裏声)を使わなければ出ないような音が少し使われていることで、最高潮に盛り上がるところもしっかりとサビの概念を生かして、皆さんの心をつかむことでしょう!

4.天ノ弱

この曲もなかなかに歌詞で訴えてくるタイプの曲ですね。切ないような歌詞でありながらハイテンポで、かっこいい曲に仕上がっています。

出だしのギターリフがかっこいいのも特徴的だと思います。Aメロを支えるのがベースのスラップ(指を打ちつけたり弾いたりする奏法)なのも非常に心揺さぶられるポイントですね。

この曲はミュージックビデオが一枚絵で、音楽自体をしっかりと聞かせに来ているあたりに、作曲者の曲への自信と、絶対的な良さがあることが証明されていますね。

ぜひ、ギターとベースの絡みを意識しながら聞いてみてほしいです。(ちなみにこの曲ドラム叩いててめっちゃ楽しいです。笑。)

まとめ。

ボカロ曲はほんとにほんとにたくさんあって、有名どころから知る人ぞ知る…のようなマイナーどころまで、ぜひコレからも少しずつ紹介させてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする