RADWIMPS ANTIANTIGENERATIONTOUR2019感想記

こっちゃっすモブAです。

6/22のZOZOマリンスタジアムで行われた、RADWIMPSのANTIANTIGENERATIONTOUR2019に参戦してきました!高校生の頃から大好きだったRADWIMPSのライブにとうとう行くことができて感無量です…!

とても素晴らしいライブだったので、感想を書き留めておきたいと思います。RADWIMPS気になっている人たちは是非この記事を読んだことをきっかけに、行ってみてください!

(ANTIANTIGENERATIONTOUR2019 千葉は2日間開催であり、1日目に参戦したのでネタバレを防ぐため後日のUPとなっています。)

RADWIMPS初のスタジアムライブ!

これは本人達が行っていたのを聞いて知ったのですが、RADWIMPSがスタジアムライブ初というのは初耳でした!

スタジアムライブは指定の観客席とフロアのスタンディングがあります。37000人の超満員だったようでかなり広い会場でした。

スタジアムライブのいい点の1つに反響音があることです。曲や声の跳ね返りがあるので、本当に本物を聞いてる感がすごいです。

そして37000人もいたのにもかかわらずステージを囲むようにたくさんの人たちが見ていたので一体感がすごかったです。

肝心のライブ!

もう言わずもがなの抜群の演奏力です。鳥肌ものですね…。感動で声も出ませんでした。特に大好きなギミギミックを演奏し始めた瞬間には思わずニヤッとしてしまうほどでした。

少しバンドマンっぽいことを言うと、ボーカルの野田洋次郎さんの声の太さ、ピッチの安定感、そして声の伸び、どれも一級品でした。そして、楽器隊もやはりすごいですね…。躍動感と安定感、パフォーマンス性の全てを兼ね揃えていてもう頭が上がりません…。

そして、一番感動したのは照明と演出です。演者のパフォーマンス性を最大限に引き出すダイナミックな演出がライブをより一層素晴らしいものにしていたことは間違いありません。聴覚と視覚をフルに使ったライブ。贅沢です。

加えて、アリーナ中央に特設されたステージでの演奏。メインステージからとおいお客さんもこのステージは近い!かなりのサービス演出です。嬉しいですね(モブAもこの中央ステージにはそこそこ近くてハッピーでした。)

アンコール!

そしてアンコールです。アンコールは一曲かと思いましたが、なんと二曲やってくれました。会場全員で大合唱する「正解」と、RADファンなら誰しも大好きであろう「DADA」で、締めくくられました。

会場も大盛り上がりの中素晴らしいステージで幕を閉じた…と思いきや…

最後のサプライズ!

野田洋次郎さんのカウントダウンに会場全員で声を合わせ、「5.4.3.2.1…」

すると会場横から大きな花火が!!

夏の花火大会も顔負けの大きな花火十数発が夜空に光りました。

最後の大玉を見終え、ワァーと沸く会場。そしてステージに目をやるともうRADWIMPSはいませんでした…。

何というかっこいい幕引きなんでしょう!!すごいバンドなのは知っていましたがより惚れました…。

最後に。

本当に行って良かったです。ぜひぜひぜひ興味のある方はライブに行ってみてください。価値観や、人生まで変えれてしまう人もいるかもしれません。彼らの歌と演奏にはそれだけの力があると確信しました。

是非みなさんの目と耳で確かめてみてください。最後まで読んでくださりありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする